トップページ > プラセンタが効く病気・疾患 >  腰痛・ひざ痛・肩こり

腰痛・ひざ痛・肩こりに対するプラセンタ療法の効果

腰痛やひざ痛、肩こりに悩まされている方は中高年はもちろん若い人にも多いです。

これらの症状の厄介なところは、いろんな治療や改善方法があるものの、どれも持続性がないということ。いくら整骨医院や整体などに行っても、症状が軽くなるのは一時だけ。

ストレッチや運動などで身体をほぐしたり、血行促進をしても、時間が経てば元の症状が出てきてしまうというのがほとんどだと思います。

腰痛やひざ痛、肩こりの問題は痛みの原因がわかっていればまだいいほうで原因がまったくわからないというケースのほうが多いということ。痛みの原因がわからないということが治療しても持続性がなく、一時的な改善効果しかないことにつながっているのかもしれません。

こうした腰痛やひざ痛、肩こりにも効果があるのがプラセンタです。疼痛を主とする整形外科的な疾患にはプラセンタ注射のなかでもツボに打ち込むツボ注射が非常に効果があります。

プラセンタツボ注射をもう少し詳しく解説すると、通常のプラセンタ注射というのは皮下や筋肉に打つものですが、ツボ注射は全身に約360穴にある経絡上に点在するツボ(=治療ポイント)に注射をするというものです。

● 基礎代謝向上作用
● 細胞活性化作用
● 血行促進作用
● 疲労回復作用

といった薬理作用があるプラセンタを直接出来るだけではなく、ツボも刺激できることから相乗効果を得ることができ、効果の即効性だけでなく、持続もするという特徴を持ち合わせています。

腰痛やひざ痛、肩こりの原因にもよりますが、筋肉の疲れや緊張、血行不良による硬直などが影響しているコリや痛みであれば、効果てきめんで症状もすぐに緩和・改善することができます。

ツボ注射と鍼灸・指圧と比べた場合の違いはというと、

● 筋緊張を消失させることからできるため根本的な改善が見込める
● 効果の持続性があり、通院頻度を減らせる
● コリや痛みを軽減することができる

今ある痛みや違和感を解消できるだけでなく、再発も防げるという点がツボ注射の特徴です。

さらに、肌がきれいになったり、ホルモンバランスや自律神経のバランスも整うことで、よく眠れるようになったり、元気になるといったオマケもプラセンタツボ注射にはついてきますから、効果を実感できないマッサージや整体にいくぐらいなら、一度試してみるのも面白いと思います。

腰痛・ひざ痛・肩こりについて