トップページ > プラセンタ療法Q&A >  プラセンタは安全なの?

プラセンタは安全ですか?感染症や副作用の心配はありませんか?

プラセンタの安全性ですが、プラセンタ注射について「ラエンネック」「メルスモン」が年間1000万アンプル×50年以上にわたり、医療現場で使用されてきましたが、これまで重篤な副作用や感染症が起きたという報告は一度もありません。

原料に対する安全対策については、「ヒト由来・馬由来・豚由来といった原料の違いと効果や品質への影響」でも触れましたが、胎盤提供者と胎盤に対して徹底したウイルス・感染症の検査を2重、3重と行って考えられうるかぎりの最高の安全対策を施しています。

そのため、安全性についてはまったく心配する必要はありません。

ただ、そうはいってもプラセンタ注射をしてから太ったという声があるのも事実。体が元気になって食欲が増しただけのような気がしますし、本当にプラセンタが原因なのか?という気もしますが、そういう人も確かにいるようなんですね。

他にも

● ニキビ、吹き出物ができる
● 生理が早くくる
● 生理時の出血量が多くなる
● 胸が張る
● 夜、眠れなくなる
● 夜明け前に 目が覚める。
● 発汗する

といった症状をプラセンタを服用後、あるいは注射した後に感じる人がいるようです。

こうしたプラセンタの副作用といわれるものの多くは体質が改善されるときや代謝がよくなり、毒素や老廃物が排出されるときにでてくる好転反応と呼ばれるものがほとんどだといわれています。

豊富な栄養素を含むプラセンタを摂取することで、一時的に体が栄養過多になりニキビや吹き出物ができることはありますし、自律神経やホルモンバランスが整う過程や代謝がよくなることで発汗したり、眠れないといったことがでてきますが、しばらくすれば落ち着いてくるはずです。

むしろこういう症状がでれば効いているということですからここでパニックになってプラセンタを止めないことが大切です。

また、注射の場合は注射部位の疼痛や注射針に対するアレルギーなどが稀に出てくる場合もあります。サプリになると、そうした注射特有のトラブルは避けられますので、プラセンタの副作用についてはほぼ心配する必要はないと思います。

どうしてもプラセンタを服用後、あるいは注射した後に変な感じになるというのであれば、摂取量や投与量を減らすか、それでもダメなら体質にあわなかったということなので止めればいいです。

変な後遺症等がでることはありません。

プラセンタは安全なの?について