トップページ > プラセンタ療法Q&A >  プラセンタ療法の期間と効果

プラセンタ療法はどれぐらいの期間で効果がでるの?

プラセンタ療法ははじめてどれぐらいで効果がでるか?また、どれぐらいの頻度で通院する必要があるのか?ということについては個人差もありますし、病状の程度にもよるの一概にはいえません。

ただし、一応の目安というのはあります。

【保険適応】 

肝炎・肝硬変・・・週1から3回/1年間
更年期障害・・・週1から2回/3ヶ月
乳汁分泌不全・・・週1から2回/3ヶ月

【自費診療】 

アレルギー疾患・・・週1から2回/6ヶ月
関節リウマチ・・・週1から2回/1年間
自律神経失調症・・・週1から2回/1ヶ月から2ヶ月
腰痛・肩こり・・・週1から2回/2ヶ月
生理痛・生理不順・・・週1から2回/3ヶ月
美肌・抗老化・・・週1から2回/任意
滋養強壮・・・週1から2回/任意

症状が軽ければ当然早く効果もでますし、逆に重いもの、慢性病の治療となると長くなります。美容目的や疲労回復、滋養強壮目的の場合は自分の気のすむまでやり続けるという感じです。

抗生物質などのように長期間使い続けると耐性ができて効きにくくなるということはありませんし、副作用も後遺症もないので肉体的に辛いとか依存してしまって大変になるということもありません。

自分が気になっている症状が改善できれば頻度や投与量を減らしながら治療を止めていくことも可能性です。途中で止めても何か問題が起こるわけでもありませんし、ステロイドや止めたときのようなリバウンドもないので安心して自分のペースで取り組めるのがプラセンタ療法です。

プラセンタ療法の期間と効果について