トップページ > プラセンタ療法について >  ヒト由来・馬由来・豚由来

ヒト由来・馬由来・豚由来といった原料の違いと効果や品質への影響

プラセンタエキスは胎盤から抽出されるものですが、すべてが人の胎盤から抽出されたエキスではありません。

化粧品やサプリメント、美容ドリンクなどに配合されているプラセンタは豚、馬、羊などの胎盤が原料になっており、医療機関でおこなえるプラセンタ注射のみ原料にヒト由来のプラセンタを使用しています。

植物性プラセンタという植物の胚を原料にした化粧品などがたまにありますが、動物性プラセンタとはまったく全く別物と考えたほうがいいものなので、プラセンタの薬理作用を期待するなら手を出さないほうが無難です。

というように、プラセンタと一口に言っても、その原料にはさまざまな違いがあります。

では、原料の違いが効果や品質に影響するのかというと、それは「影響する」と言えます。動物プラセンタで考えると、原料となる動物の育てられ方や管理体制によって含まれる成分が変わってくるからです。

例えば、以前、健康食品や化粧品では牛のプラセンタを使うのが主流でしたが狂牛病の感染について問題がでてきたため現在は取り扱うことができなくなりました。その後、豚プラセンタに主流が移ったわけですが、この例からわかることは、原料となる動物によって安全性に違いがあるということです。

現在、化粧品や健康食品に配合されているプラセンタの主流は豚ですが、豚は病気の感染などを防ぐために、さまざまなワクチンや薬剤を投与されてることが多いことから原料の質が疑問視されはじめており、最近は馬プラセンタのほうに注目されている状態です。

実際に馬は豚に比べて病気の心配も少なく、またサラブレットともなると徹底した管理体制の中で育てられているので非常に良質な活性度が高いプラセンタエキスが抽出できるといわれています。

(馬プラセンタは豚に比べてアミノ酸量が300倍。さらに豚にはないアミノ酸も含みます。)

羊は人間の胎盤にとても違いアミノ酸組織を持っているので、拒否反応としての発疹や赤みが起こりにくく、さらに、細胞との相性も良いので、体内への浸透力が高いという特徴もあります。

医療機関でのプラセンタ注射にのみ使用されるヒト由来のプラセンタの場合、全て日本人のもので、薬剤メーカーが契約している日本の産婦人科から提供を受けた胎盤を使っています。

ドナーズスクリーニングといって、胎盤提供者(ドナー)には血液検査を行い、母体および胎児に各種のウィルス、細菌感染がないかをチェックされて、すべての項目に対して陰性を示した胎盤提供者(ドナー)から提供された胎盤のみ原料として使用されます。

提供された胎盤は製造メーカーに送られた後、再度、ウィルス検査を実施し、減菌工程を経た後で、製品規格試験に送られて、ここで3度目のウィルス、細菌感染の検査が実施されて完全に安全性が確認されたものだけが製品として出荷されています。

効果という点では、原料がヒト由来でも馬由来でも豚由来でもそう大差はないといわれていますが、原料の安全性に対するチェック体制としてはヒト由来のプラセンタが一番厳重です。

ヒト由来・馬由来・豚由来について